トピックス

【在学生・保護者の方へ】2020年度後期授業について(リンク先更新による再掲)

2020年8月20日
在学生・保護者の方へ
学長
2020年度後期授業について

基本的考え方

新型コロナウイルスの感染状況は依然として終息の兆しを見せていません。このため、各大学では、様々な試みをされています。本学でも遠隔授業の継続について検討を重ねて参りましたが、学生から大学に来て学びたいとの声も寄せられていました。とくに、7月に行った新1年生の健康診断の際に実施した面談では、「大学に来て友人をつくりたい」との声が多数寄せられました。知的教育だけならば遠隔授業の工夫を凝らすことで解決できることも多いでしょう。しかし、学生の皆さんの大学への期待はそれだけでなく、同じキャンパスに通い、友人たちとの関係を築き、学生生活を謳歌するところにもあることを改めて強く感じたところです。そうした人間関係の中で協立大生としてのアイデンティティーを築き、その礎のもと社会で活躍する人間に成長する場となることも大学の役割です。
そこで、本学は、文部科学省の通達等にある授業再開に向けたガイドラインを遵守し感染予防を徹底したうえで、学生にキャンパスで学ぶ機会をできるだけ多く提供できるよう努めます。感染予防は、大学だけの努力では不十分であり、学生諸君も同じくガイドラインを遵守することによって、はじめて完成するものである点よく理解し、社会の一員として、新しい学修の形をつくってもらいたいと考えます。

授業方法

全面的に対面授業を追求します。

但し、
・国による「新型インフルエンザ等対策特別措置法」に基づく緊急事態宣言はもちろん、県独自の緊急事態宣言等で要請される場合や、講師の居住地や健康上の理由により対面授業が防疫上、望ましくないと判断される場合、それぞれ適切な範囲で、遠隔の授業に切り替えます。
・学内での感染が疑われる事例や、学内に罹患者が立ち入った情報が確定した場合も、保健所の指導を受けながら、適切な期間、遠隔授業に切り替えます。

第1週目の授業は、受講登録者数を確認するために、一部の科目を除いて、遠隔で実施する予定です。第1週目に向けた履修登録者数に応じて、適切な規模の教室を手配することになるので、期限までに必ず、受講登録をきちんとすませてください。
但し、看護学部の実習科目等、あるいは経済学部、経営学部の受講者数の確定している実習科目等では、第1週目から対面授業が行われる場合もあります。これらについては9月初旬に連絡するので、注意してください。

*感染予防上の観点から、帰省されている方は、できる限り、学期開始の9月21日の1週間前までに大垣に戻っていてください。

*語学科目、実習科目等についても対面授業を基本としますが、具体的な手法や安全対策については、個別にお知らせします。

*尚、本学の感染予防対策については、このリンクを参照してください。
 ・後期からの新型コロナウイルス感染症拡大防止に係る本学の対応(9月24日更新)
 ・課外活動の再開について(5月29日掲出)

*全面的な対面授業の実施に向けては、追加的な対策も行われますが、それについては9月以降順次発表いたします。

資料請求
入試案内

このページは役に立ちましたか?
はい いいえ

その他、ご意見はありますか?

送信 スキップする

ご協力ありがとうございました。

PageTop